シンギュラリティ

RPA用語

シンギュラリティ(Technological Singularity)とは、技術的特異点という意味で、自己フィードバックで自律的に高度化していった人工知能が人間の知性を超え、人類に代わって文明の主役になる時点、人工知能やそれによる技術が人類の知能を超える転換点、のことです。
未来予測の概念であり、米国の学者・レイ・カーツワイルが2005年に出した、『The Singularity Is Near』の中で、その概念を提唱しました。

カーツワイルは「2029年にAIが人間並みの知能を備え、2045年に技術的特異点(シンギュラリティ)が来る」と提唱しており、この問題は2045年問題と呼ばれています。

AIに関する議論は1950年代後半、90年代、と度々起こってきました。97年には、チェス用のAI・ディープ・ブルーが当時の世界チャンピオンを破って、話題となりましたね。その後、2010年代に入り、ディープ・ラーニング(深層学習)の発達やビッグデータの集積・活用など、「第3次人工知能ブーム」が起こるなか、シンギュラリティが注目を浴び、その可能性や脅威が現実味を持って議論されるようになりました。

2045年問題が現実となるかどうかはわかりませんが、今後、AIを利用した技術が、ビジネスや軍事などの分野の主技術となることは予想されます。人知を超えていくAIをいかに制御し、人類に役立てるか、という議論は盛んになっていくでしょう。カーツワイルは、2045年問題について、AIは人類に豊かな未来をもたらしてくれる、という楽観的な見解を示していますが、理論物理学者のスティーヴン・ホーキングやマイクロソフト社のビル・ゲイツは、懸念や批判的意見を表明しています。

人類が築いてきた文明とは、死を遠ざける手段のことです。いずれ、シンギュラリティ、あるいはそれに近い事態が起こり得るかもしれませんが、その時こそ、人類の文明に対する立ち位置と、AIのそれとの違いがはっきりと表れてくるのでしょう。


sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。