TAG

ビジネスフレームワーク

業務改善

VSPROモデル

VSPROモデルとは、組織のマネジメントシステムを検証し、その在り方を考える際に有効なフレームワークです。 Vision(ビジョン)、Strategy(ストラテジー)、Process(プロセス)、Resource(リソース)、Organization(オーガニゼイション)という、マネジメントの5つの構成要素を分析し、現状のマネジメントシステムの問題を検討、改善点を考えていきます。VSPROは、各構 […]

業務改善

STP戦略

STP戦略とは、マーケティング戦略の基本的なフレームワークで、Segmentation(セグメンテーション:市場細分化)、Targeting(ターゲティング:ターゲット層の抽出)、Positioning(ポジショニング:ターゲット層に対して、競争優位性を設定する)、の3つの活動から成り、STPは、各活動それぞれの頭文字です。アメリカの経営学者、フィリップ・コトラーによって提唱されました。 セグメン […]

業務改善

プロダクト・ポーフォリオ・マネジメント

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(以下、略称のPPM)とは、製品や事業の管理手法のひとつで、経営資源の最適な配分を決定・判断する際に用いるフレームワークです。ボストンコンサルティンググループが1970年代に提唱しました。 PPMはまず、横軸に相対的市場占有率、縦軸に市場の成長性をとり、この2つの軸から導き出される、4つの象限に分けます。 この4象限を「問題児(Question Mark)」 […]

業務改善

プロダクトライフサイクル

プロダクトライフサイクル(PLC)とは、製品やサービスが市場に投入されてから、衰退し、姿を消すまでのサイクル、プロセスを表したものです。 一般的には、製品の売上と利益の推移を、 導入期 → 成長期 → 成熟期 → 衰退期、という4つの段階に分類し、説明します。 成熟期と衰退期の間に飽和期を入れたり、成長期を、成長前期と成長後期、に分けたりするなど、プロセスを細分化、詳細化して、5段階、6段階のサイ […]

業務改善

マーケティングの4C

マーケティングの4Cとは、顧客の側の視点に立ったマーケティングのフレームワークで、Customer value(顧客価値)、customer cost(顧客コスト、顧客が費やす金額)、convenience(利便性、入手の容易性)、communication(コミュニケーション) の4つの要素の頭文字のCをとって表したものです。ロバート・ロータボーンによって提唱されました。 マーケティングの4Cは […]

業務改善

AISAS(アイサス)

AISASとは、インターネット時代における、消費者の購買行動を説明するモデルのひとつで、その購買行動は、Attention(注意)、Interest(興味・関心)、Search(検索)、Action(購買行動)、Share(情報共有)の5つの行動プロセスで構成されるものと仮定し、各プロセスの頭文字を組み合わせた略語です。「AISAS」という用語は、電通が提唱し、2005年に商標登録もされています。 […]

業務改善

ベンチマーキング

ベンチマーキングとは、企業が、他社の優れた実践事例に学び、それを指標として、自社の業務改善につなげる手法のことです。業界や業種、社の内外にとらわれず、他の優れた実践事例、最良のパフォーマンスを達成している事例を選び出し、自社のビジネス・プロセス・パフォーマンスと比較・分析したうえで、成功要因を抽出し、業務プロセスの改善を行います。分析対象となるモデルはベスト・プラクティスといいます。 ベンチマーキ […]

業務改善

AIDMA(アイドマ)

AIDMA(アイドマ)とは、消費行動のプロセスにおける心理サイクルのことで、消費者が購買行動を起こすまでの心理の過程を指します。 顧客は、消費行動において、Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)のステップを踏むものと仮定し、その各ステップの頭文字から成る略語です。 AIDMAは大きく、「認知段階」「感情段階」「行動段階 […]

業務改善

マーケティングの4P

マーケティングの4Pとは、マーケティングを構成する主要な4つの要素である、 Product:プロダクト(製品やサービス、品質、デザイン、ブランドイメージなど)、Price:プライス(製品価格、割引要件、支払条件、支払方法、信用取引など)、 Place:プレイス(流通範囲、販路、輸送手段、立地、品揃え、販売場所、在庫管理など)、 Promotion:プロモーション(広告宣伝、媒体、マーケティングなど […]

業務改善

7S

7Sモデルとは、組織を成り立たせる上で必要とされる、7つの要素(7S)の相関関係から、組織マネジメントのあり方を考えるためのフレームワークのひとつです。 アメリカのコンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱しました。経営者や経営コンサルタントなどに幅広く利用されています。 7Sは、ハードの3Sとソフトの4Sに分類されます。 ハードの3Sとは、Strategy(戦略)、Struct […]

業務改善

SWOT分析(スウォット分析)

SWOT分析とは、企業が経営戦略を立案する際に用いられる、分析手法、フレームワークのひとつです。SWOTは、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)、のそれぞれの頭文字をとったもので、これら4つの要素の視点から、現状の分析・評価を行い、マーケティングの方針やリソースの最適化など、経営戦略の策定に役立てます。 「強み(Strength) […]

業務改善

ROI(Return On Investment/リターン・オン・インベストメント)

ROIとは、Return On Investment(リターン・オン・インベストメント)の略称です。投資した資本に対して、どれだけの利益を得られたか、を示す割合のことで、投資利益率とも呼ばれています。企業の収益性・投資効率を判断する重要な指標のひとつです。 ROIは、{利益額÷投資額}×100、の計算式で求められ、%で表記されます。 ROIのパーセンテージが大きいほど、投資効果が高く、収益性がよい […]

業務改善

内部環境分析

内部環境分析とは、内部環境=経営資源の分析を行い、自社の強みと弱みを明らかにしていく手法です。自社のリソースを検討し、競合他社より「勝っている」のか、「劣っている」のかを分析し、経営戦略の指針とします。代表的なフレームワークとしては、SWOT分析があります。 内部環境分析を行う際には、分析対象となる項目の設定と、どのような視点・角度から分析を行うか、ということが重要になります。 分析対象となる項目 […]

業務改善

3C分析(スリーシーぶんせき、さんシーぶんせき)

3C分析とは、企業のマーケティングや経営戦略の立案において、顧客、競合、自社、の観点から市場環境を分析し、自社の事業がどのような経営環境に置かれているのか、を理解して、経営上の課題の発見や戦略の立案に活用するためのフレームワークです。 3Cとは、Customer=市場・顧客、Competitor=競合、Company=自社、の三つの言葉の頭文字をとったものです。 それぞれの分析のポイントは次の通り […]

業務改善

PDCAサイクル

PDCAサイクルとは、行動プロセスの管理手法のひとつで、品質管理や生産管理等、企業活動において、業務を継続的に改善していくためのマネジメントツールです。 Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Act(対策・改善)の4段階を1サイクルとして、これを継続的に繰り返していくことで、業務の質の向上を図ります。 名称は、サイクルを構成する4段階の頭文字に由来します。アメリカの統計学者エド […]

業務改善

ダイバーシティマネジメント

ダイバーシティマネジメントとは、さまざまな違いをもつ、多様な人材を企業内に受け入れ、組織の活性化を図る経営アプローチのことです。多様性を活かしながら、戦略的に人材を活用し、一人ひとりがその力を発揮できる環境を整え、相乗効果を得ることで、生産性の向上や組織力の強化を図ります。 企業経営におけるダイバーシティとは、年齢、性別、国籍、人種、民族、宗教、身体的特徴、さらには生活環境、文化、価値観なども含ま […]

業務改善

5フォース分析(ファイブフォース分析)

5フォース分析とは、業界の収益分析手法のひとつで、5つの要因分析を通して、業界の構造を解明・理解するためのフレームワークです。 業界の収益性を決める5つの要因を分析することで、その業界の収益性や将来性を明らかにします。アメリカの経済学者でバーバード・ビジネススクール教授のマイケル・ポーターによって提唱されました。 分析対象となる5つの要因(5フォース)とは、「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」「競 […]

業務改善

技術力分析

技術力分析とは、自社の保有する技術力を分析し、市場において優位性のある技術、及び同技術の自社にとっての位置づけやウェイトを検討・評価したうえで、研究開発資金や経営資源の効果的な配分・投資を図る手法のことです。 企業の研究開発資金には限りがあります。その有限な資金を、いろいろな分野に分散させてしまっては、なかなか経営効率は上がりません。 企業は、自社の核となる事業に関しては高い技術や優れたノウハウを […]

業務改善

外部環境分析

外部環境分析とは、企業を取り巻く様々な外部の要因・状況に対し、適切な経営戦略を立案していくための分析手法です。分析対象となる外部環境は、主に「マクロ環境」「市場環境」「競争環境」の3つに分類されます。 マクロ的な要因を分析することによって、社会構造の変化に対し、企業として必要な対応をとることができます。 法改正等の政治的要因や経済成長率・景気動向などの大きな経済的動き、社会の意識変化、流行などの社 […]

業務改善

営業力分析

営業力分析とは、自社の売上高の推移を予測したり、販売戦略を立案したりするための分析手法のひとつです。主に自社の営業活動、広告・販売促進活動、顧客に関しての分析を行います。 営業活動については、営業担当者のスキルの向上と営業コストの管理に力点が置かれます。 営業担当者のスキルの向上においては、各人の営業スキルのアップ、営業能力の向上がどの程度まで可能なのか、について主に分析がなされ、コスト管理におい […]