CATEGORY

会計税務

単式簿記と複式簿記の違いとは?

仕訳の記帳方法には単式簿記と複式簿記の二種類があります。 単式簿記は簡易的な記帳方法といわれ、政治家の収支報告書や、公会計、あるいは白色申告など限られた用途で認められた記帳方法です。一方で、複式簿記は会計学上、正規の簿記(正しい記帳方法)といわれ、企業の財務諸表は全て複式簿記を基に作成されることが求められています。また、税務上も青色申告による税額控除を受けるには複式簿記による記帳が前提となります。 […]

帳簿の保存期間と保存方法について

こんにちは。今回はこれまで「確定申告で提出する必要書類の概要」や「青色申告の帳簿のつけ方」でご紹介した申告に使用した帳簿の保存期間についてご紹介します。 所得税法では、納税者が自ら税法に従って所得金額と税額を正しく計算し納税するという申告納税制度を採っています。そのため、1年間に生じた所得金額を正しく計算し申告するために、収入金額や必要経費に関する日々の取引の状況を記帳し、また、取引に伴い作成した […]

青色申告の帳簿のつけ方

これまで「青色申告の手続きとメリットとは?」「確定申告書類の書き方」などの記事で青色申告についてご紹介してきましたが、今回は具体的な帳簿のつけ方についてご紹介します。 青色申告の記帳は、年末に貸借対照表と損益計算書を作成することができるように、正規の簿記の原則に基づいて行うことが原則ですが、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳のような帳簿を備え付けて簡易な記帳をするだけでもよいことにな […]

青色申告の手続きとメリットとは?

今回は前回お伝えした確定申告のひとつである青色申告についてご紹介します。 青色申告とは 青色申告とは、個人事業主を対象とした確定申告の申告方法の1つで、最大65万円の控除を受けることができます。青色申告で所得の計算を行い、それを確定申告書に転記して税金の計算を行います。 青色申告の申告方法 青色申告を行うためには事前に次の2点を税務署に提出する必要があります。 ・開業届 ・青色申告承認申請書 申請 […]

確定申告を忘れた場合のペナルティーは?

これまで確定申告の方法についてお伝えしてきましたが、今回は確定申告を仕損じてしまった場合についてご紹介します。 所得税法では毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付することが求められています。この期間を過ぎてしまうと、期限後申告として取り扱われ、延滞税、場合によっては無申告加算税、というペナルティーが課されます […]

確定申告書類の書き方を確認しておこう!

前回は申告書類の概要についてご紹介しました。今回は引き続き書類の記載方法についてご紹介します。 確定申告書類には、白色申告・青色申告のいずれにも共通して提出が必要となる確定申告書Bと、白色申告で提出が必要となる収支内訳書、青色申告で提出が必要となる青色申告決算書があります。 収支報告書、青色申告決算書は帳簿から集計をして記載する作業がメインとなりますので、ここでは白色申告・青色申告のいずれにも共通 […]

青色申告、白色申告で必要な書類とは?確定申告の基礎知識

今回は確定申告で提出する必要書類の概要についてご紹介します。確定申告で提出する書類は、その事業者が白色申告をするか、青色申告をするかで主に異なってきます。 青色申告では、青色申告税額控除として原則65万の税額控除が利用できるほか、一定額の貸倒引当金の経費算入が出来る、青色事業専従者給与の経費算入が出来る、純損失の繰越し・繰戻しが出来る、といった種々のメリットがあります。また、仮に借入をする場合の信 […]

個人事業主の勘定科目が丸わかり!消費税・住民税・所得税etc…

こんにちは。「個人事業主が納める税金の種類」では税金の種類についてご紹介しました。今回はその具体的な仕訳例を挙げていきます。 1.所得税、住民税の仕訳・勘定科目について このうち所得税と住民税は最終的に事業主が確定申告を行うものですから、事業のお金を個人事業主自身のために使用する際の勘定科目である事業主貸という勘定科目を使って処理をします。 仮に所得税が100万円と確定した場合 事業主貸 100万 […]

個人事業主が納める税金の種類|所得税・消費税・個人事業税・住民税

こんにちは。今回は個人事業主が納める税金の種類にはどんなものがあるかご紹介していきます。個人事業主が納める税金の種類には主に、以下の4つとなります。 所得税 消費税 個人事業税 住民税 では、それぞれについて見てきましょう。 1.所得税  納付時期:3月(その年の確定申告の提出期限日まで) 所得税とは個人が一暦年間に得た所得から、非課税所得・免税所得を除いた徴収対象に課される国税です。 非課税所得 […]

会計士と税理士、それぞれの受験資格は?業務内容もこんなに違う!

こんにちは。今回は会計、税理の業務の違いについてご紹介します。 まずはそれぞれの資格の取得方法の違いについて見ていきましょう。税理士になるためには、税理士試験に合格すること、関連する分野での2年以上の実務経験、この二つを満たしたうえで、日本税理士連合会に登録する手続きを行うことで税理士になることができます。税理士試験の概要は次のようになります。 税理士試験の受験資格 ・大学・短大・高等専門学校を卒 […]

記帳代行/確定申告代行/経理アウトソーシングサービスを使い分け!

こんにちは。今回は企業を運営するうえで耳にする機会があるものの、その違いについてわかりづらい3つのサービスについて、その違いと使い道についてご紹介します。 それぞれのサービス内容とメリットについてみていきましょう。 記帳代行 記帳代行とは帳簿作成業務を代行するサービスのことを言います。必要な書類を記帳代行会社へ送り記帳を行った計算結果の書類が返送されるといった形をとります。記帳代行サービスの一例は […]

「確定申告」が必要となる対象者とは?青色申告・白色申告って?

こんにちは。今回はよく耳にする「確定申告」についての基本をご紹介します。 確定申告とは 確定申告とは、所得にかかる税金(所得税および復興特別所得税)を払うための手続きで、個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間となります。 確定申告書や決算書などの必要書類を揃え、翌年の2月16日から3月15日までに税務署へ申告・納税します。 確定申告の対象者 ・配当所得があった人 ・不動産所得があっ […]

知ってる?企業会計原則には、7つの一般原則がある!

こんにちは。今回は会社会計の7つの基本原則についてご紹介します。 企業会計原則の基本知識 決算書を作成するための普遍的なルールを企業会計原則と言います。 決算書は利害関係者がそれを確認してお金を貸すかどうか、取引するかどうか、株を買うかどうかの判断資料となるため、会社ごとのバラバラな基準ではなく統一されたルールを用いて会社の財務諸表に社会的な信用度を持たせ、客観的で合理的な指針を示す必要があるので […]

会社設立!資本金どうする?具体的な金額の決め方を解説!

こんにちは。会社設立の際、決めなければいけない事項の1つとして、資本金の金額があります。今回は会社設立の資本金の設定ポイントについて説明していきます。 資本金とは 資本金とは、株式会社運営のために発行される株式と交換して集めた資金のことです。 会社法が改正され、会社を設立するときの資本金の最低金額に関する規定が撤廃されたことは、聞いたことがある方も多いと思います。そのため、資本金はいくらでもよく、 […]

会社設立時に必要な印鑑証明書の枚数と発行方法

こんにちは。会社設立の際には、発起人や取締役の実印のほかに印鑑証明書が必要になります。実印とは、市町村役場にて実印として登録してある印鑑のことで、会社設立時に作成する定款などの書類に押印する印鑑は個人の実印を原則として使用します。実印を本人のものだと証明するために必要になるのが印鑑証明書で、定款の認証や登記申請をする際に提出が必要になります。今回は、この印鑑証明書についてご説明いたします。 印鑑証 […]

「発起人」の役割・責任・要件|会社設立時に知っておこう

こんにちは。会社を設立しようとする時に、よく目にする言葉の一つに「発起人」があると思います。この「発起人」について、何となく意味は分かるけど詳しいことは分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、発起人について解説していきます。 発起人とは? 発起人とは、会社の設立を発起し、そのための出資をする人のことを意味する、会社法上の用語です。発起人は、会社設立の後、出資した資本金の金額に応じて […]

定款に書く「事業目的」を解説!会社設立時の必須知識

こんにちは。このブログで既に何度か触れていますが、会社の設立に不可欠なのが定款の作成です。定款の事業目的の欄は比較的書き方の自由度が高く、何を書くか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、定款の事業目的の欄についてご紹介します。 定款とは 定款とは、会社の根本的なルールを定めた憲法のようなもので、先述の通り、会社を設立する際には必ず作成しなければなりません。 会社設立の発起人全員 […]

会社設立時の定款のフォーマット。具体的な記載事項は?

こんにちは。前回に引き続き、定款についてです。今回は、定款に具体的にどのような事項が記載されているのかをご紹介していきたいと思います。 会社設立に関わる定款のフォーマットは大きく以下の3つのパターンがあります。 1.取締役1名、監査役、会計参与非設置、株式非公開 2.取締役1名以上、取締役会非設置、監査役非設置会社、株式非公開 3.取締役3名以上、取締役設置会社、監査役設置会社、株式非公開 今回は […]

会社設立時の定款の概要〜3つの記載事項を知っておこう〜

こんにちは。会社を設立する際に必ず必要なことが、定款の作成です。定款は専門的な知識が必要になることもあり、慣れないため、多くの方が作成に手間取るのではないでしょうか。ここでは、定款の概要について簡単に説明していきます。 定款とは 定款とは、会社の根本原則や、商号(名前)・事業の目的・本店の所在地などの会社の基本的な事項が記載されたもので、「会社の憲法」とも呼ばれます。この定款は作成後に公証人認証が […]

会社設立前後に提出が必要となる書類一覧

こんにちは。会社を設立する際には、多くの手続きに伴い、沢山の書類が必要になります。どれも重要な手続きですが、あまりの多さに混乱してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、会社の設立に必要な書類を以下の6つの手続きごとに整理していきたいと思います。 1. 定款 2. 登記申請 3. 税務署 4. 地方自治体 5. 労働基準監督署、ハローワーク 6. 年金、社会保険 1.定款の認証 ・定款 […]