CATEGORY

会計税務

電子帳簿保存法の基礎知識|保存要件を知っておこう

経理や会計の仕事といえば、大量の書類のファイリングに追われるというイメージがあります。しかし近年、企業活動において、コスト削減や業務効率化が求められるようになり、経理や会計の仕事も例外ではありません。 これらの課題に、企業内の会計処理周りから取り組むことを目的とした法律が、1998年に施行されました。それが「電子帳簿保存法」です。領収書や見積書などの証憑書類、帳簿の電子化は、メリットの多さから導入 […]

e-TaxとeLTAXの違いとは?利用できる手続きを解説

近年行政において、行政手続の簡素化やコスト削減が重要課題となっています。そのためにも、IT化や電子化への対応が求められています。 税務手続は、2018(平成30)年度税制改正大綱において、大企業に関しては「書面申告を無申告とみなし、電子申告での提出を義務化する」法改正が行われ(2020年(令和2年)4月以降に施行)ました。これはいずれ、中小企業や個人事業主に対しても適用されるようになると予想されて […]

会計の基礎知識。貸借対照表に記載される項目は?

昔は手書きで、2人以上の社員と数字を突き合わせながら作成していた貸借対照表。最近ではクラウド会計サービスに帳簿をつけていれば、そこから自動的に作成してくれます。 貸借対照表は、「会社のお金を何に使ったのか、またはどこから入ってきたのかを、いつ誰が見ても分かるように、お金の動き一つひとつに見出しを付けて記録すること」を目的として作成されます。法律に基づいて作成及び会社内外に公開が義務付けられています […]

経理の仕事の種類とは?基本から効率化のポイントまで。

企業の規模の違いこそあれ、経営者や経理担当者の方々の多くは、自社の売上や収益、社長をはじめ全社員の給料にいたるまで、企業活動における経理の仕組みをおおよそ把握していることでしょう。しかし、こういった情報は機密事項にあたるため、会社でも経理業務に従事していない社員の方々には、経理という仕事がいまひとつよく分からないといった印象が強いかもしれません。 今回のコラムでは、個人事業主の方や法人など、企業規 […]

2023年まで順次施行!時間外労働と有給休暇取得の法制化

「働き方改革関連法」は、正式名称を「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」といいます。主に8つの労働関係法の改正法を指し、2019年4月1日から2023年まで順次施行されていきます。 そのなかでも特に、今年に入って知った方も多い「時間外労働の上限規則」と「有給休暇取得の義務化」について、詳しく解説していきたいと思います。 「大企業」の時間外労働の上限規制が法制化 使用者は、法定労働 […]

財務諸表を解説!損益計算書・貸借対照表・キャッシュ・フロー計算書

「財務諸表」という言葉を聞いたことがあっても、何を示すのか分からない人は多いかもしれません。 財務諸表は書いて字の如く、「財務」に関する「様々な帳票類」を指します。では、「財務諸表」とはどんな書類で、それから何が分かるのか、「個別財務諸表」と「連結財務諸表」の違いなどについて、説明していきたいと思います。 財務諸表とは? 財務諸表の定義にはいろいろありますが、「会社の経済活動を記録・集計したもの」 […]

3種類の企業会計を詳しく解説|財務会計・税務会計・管理会計

「会計」と聞くと、皆さんはどんなことをイメージしますか?ショッピングなどの有料サービスを利用したときの「お会計」を思い浮かべる場合もあれば、「一般会計」など、ニュースでよく見かけるものもあります。そもそも「会計」とは、何を指すのでしょうか? 今回は、会計の定義とビジネスパーソンには縁の深い企業会計について、詳しく解説していきたいと思います。 会計とは 会計には、「代金の勘定・支払いをする」「お金な […]

経理会計に役立つクラウドサービスとは?freeeやMFの機能比較

これまで、「勤怠管理」とそれを受けて「給与計算」を行うことができるサービス、また、「経費精算」が可能なサービスをご紹介してきました。今回はそれらの計算や精算の先にある「会計・経理」まで範囲を広げ、利用可能なものをご紹介したいと思います。 企業にとっても、個人事業主やフリーランスの方にとっても、日々の経理業務や月次、年次の決算、それらにともなう申告業務は非常に気になる(かつ気が重い…。)問題と言える […]

経費・交通費精算の各社クラウドサービスを比較!freeeなど

今回は経費精算のクラウドサービス、アプリケーションについてご紹介します。 経費は仕事上必要なものにかかるお金を指し、そのお金を精算することを経費精算といいます。 経費精算は、社員から渡される領収書や申請書を逐一確認しながら計算に間違いはないか、経費として扱って良いかなど、さまざまなことに気を付ける必要があります。 やろうやろうと思っていても日々の経費精算や交通費精算を溜めてしまい、月末や期末に焦っ […]

起業プロセスを早める「起業家用戦略コンパス」とは|スタートアップ

素晴らしい技術やアイデア得て、それがビジネスコンクールで評価され、投資機関からも注目された時、さてその技術を市場に届けるにはどのような道を選べばいいのだろうか。手っ取り早い現実的な戦略に飛びついて、せっかくのアイデアを無駄にしてしまうケースは思いの外多いそうだ。起業プロセスをそれほど遅らせることなく、戦略の選択肢を検討するためのツールがあったら、そんな失敗も起こらないだろう。 今回は、市場の開拓戦 […]

給与計算に便利なクラウドサービスを徹底比較!価格や連携がポイント

前回は勤怠管理のクラウドサービスをご紹介しました。今回は勤怠管理を受けて発生する給与計算サービスについてご紹介します。 従来の給与計算はエクセルなどで表を作り、ユーザー自らが地道に膨大なデータを打ち込んでいくという、非常に手間と労力がかかる作業が求められました。そのような給与計算で気を配る点や大変なことは主に以下のポイントが挙げられます。 基本給+諸手当・各保険料・各税金 時間外労働→割増賃金、不 […]

確定申告書の記入ミスを訂正するには?

これまで確定申告書の書き方について触れてきました。 <確定申告書関連ブログ> 「青色申告、白色申告で必要な書類とは?」 「確定申告書類の書き方」 今回は確定申告書の訂正方法についてご紹介します。 訂正方法 ※タイミングは「提出前」となります。提出後の訂正方法は本文後半をご参照ください。   ・確定申告書作成コーナーを利用している場合 ・パソコンで作成している場合 ⇒再入力で対応可能です。 […]

税務申告後に発生する可能性がある税務調査とは?|個人事業主

こんにちは。これまでは個人事業主の税務申告についてご紹介してきました。 <個人事業主の税務申告関連ブログ> 「個人事業主が納める税金の種類」 「個人事業主の消費税の仕組み」 「個人事業主の所得税」 「個人事業税と住民税の計算方法」   今回は税務申告後に発生する可能性がある税務調査についてご紹介します。   税務調査とは? 目的 国税の多くでは、納税者自身が管轄の納税所へ所得な […]

個人事業税と住民税の計算方法|控除となる項目は?確定申告は必要?

以前、「個人事業主が納める税金の種類」の記事で個人事業主が納付する基本的な4つの税金(所得税、消費税、個人事業税、住民税)をご紹介しました。今回はその中の個人事業税と住民税の2つを詳しく見ていきましょう。 なお、確定申告を行っていればこれらについて別途申告の必要はありません。   個人事業税とは? 個人事業税は、個人が事業を行っている事に対する税金で、個人事業主は「所得税」や「消費税」と […]

個人事業主の所得税|給与所得者でも確定申告が必要となる控除?

以前、「個人事業主が納める税金の種類」の記事で個人事業主が納付する基本的な4つの税金(所得税、消費税、個人事業税、住民税)をご紹介しました。今回はその中の所得税を計算するおおまかな流れについてご紹介します。 所得税とは? 所得と収入は違う? 所得とは、収入(仕事をしたりものを売るなどして入ってきたお金)から必要経費を差し引いて手元に残った金額です。所得税はその所得額にかかってくる税金です。   所 […]

個人事業主が知っておくべき消費税の仕組み。税務署にいくら納める?

以前、「個人事業主が納める税金の種類」の記事で個人事業主が納付する基本的な4つの税金(所得税、消費税、個人事業税、住民税)をご紹介しました。今回はその中の消費税について詳しくご紹介します。 消費税の仕組み 1.免税事業者:消費税を納付しなくてよい事業者 国税庁のHPによると、「その課税期間の基準期間における課税売上高が1,000万円以下の事業者は、納税の義務が免除」されるとあります。ここでいう「課 […]

償却資産税申告から課税までの流れ|減価償却基礎知識

前回の記事では償却資産税の概要をご紹介しました。今回は申告の流れについてご説明します。 償却資産税申告から課税までの流れ ※こちらは東京都23区の流れを元に記載しております。詳細は申告先の各市町村サイトの該当ページでご確認ください。 (1)申告書の提出 賦課期日(1月1日)現在所有している償却資産を、その年の1月31日までに、資産が所在する市町村にある税事務所に申告。 ・作成する書類 ①償却資産申 […]

償却資産税の対象となる資産、ならない資産。注意すべきポイント

今回は「償却資産税」とはどのような税金か、また申告の対象となる資産についてご紹介します。 償却資産税とは? 厳密には償却資産税という税金はなく、市町村(※)が固定資産に対して課税する固定資産税の一部をさします。 事業用の固定資産で、法人税法や所得税法で減価償却費が損金算入されるものを土地や建物に課される固定資産税と区別して償却資産税と呼びます。毎年1月1日に所有している 償却資産について、資産の所 […]

少額備品・消耗品・固定資産の線引きを徹底解説|いくらから?品目ごと?

今回の記事では「消耗品」、「備品」、「固定資産」の処理はどうすればいいか?その判断基準についてご説明します。   判断基準となる耐用年数と金額は? ■消耗品:耐用年数が1年未満または取得価額が10万円未満 具体的には帳簿、文房具、用紙、包装紙、ガソリンなどが相当し、費用(税務上は損金)として計上可能です。 ■備品(一括償却資産):10万円以上20万円未満 個別に減価償却をせず使用した年か […]

クラウド会計ソフト‐スマホ用アプリケーション設定(freee編)

今回はクラウド会計ソフト「freee」のスマートフォンアプリのダウンロードと設定についてご紹介します。 <スマートフォンアプリ設定手順> 1.アプリのダウンロード スマートフォンのOSに合わせてダウンロードしてください。   Andoroidユーザーのお客様 →Google Playストアにて「freee」を検索のうえダウンロードをお願いします。   iPhoneユーザーのお客 […]