CATEGORY

会計税務

現金出納帳の書き方|決まりごとや注意点とは?

現金出納帳は会社の現金の流れを記録する帳簿です。現金を使ったときには何にいくら使ったのかを記録し、またその逆になぜ入金があったのかも記録していきます。 今回は現金出納帳の基本についてみていきます。まだ現金出納帳を作成したことがない方におすすめの記事です。「現金出納帳とは何か?」「また現金出納帳はどう書くのか?」といった基本的なことから、現金出納帳と小口現金出納帳の違いまで解説していきます。 現金出 […]

補助簿の目的と種類、書き方を確認しよう!

会計帳簿は主要簿と補助簿の2種類に分類できます。補助簿とは主要簿を補助するための帳簿です。今回はこの補助簿についてみていきます。 現金出納帳や売掛金元帳、固定資産台帳などが補助簿に該当します。実はこの補助簿は、会社ごとに作成されている帳簿が違っているのです。補助簿は事業の内容や会社の状況によって、作成すべきものと不要なものが異なっているからです。そのため、会社によって「ある帳簿」と「ない帳簿」が存 […]

主要簿とは。目的と書き方をおさらいしておきましょう!

仕訳帳・総勘定元帳の2つは主要簿と呼ばれる会計帳簿の一種です。これらの帳簿は数ある会計帳簿の中でも特に重要なものとして扱われています。法人の決算や個人事業主の確定申告にも関りのある書類です。 今回はこの主要簿の目的と書き方についてみていきます。 主要簿とは?ー仕訳帳・総勘定元帳のこと 経理書類の中でも欠かすことの出来ない重要な書類に、仕訳帳と総勘定元帳があります。総勘定元帳は略して「総勘(そうかん […]

上場企業が行う決算開示ってどんな作業?

会社は、毎年決算作業を行う必要があります。 そして、その決算作業において「決算書」を作成し、これを利害関係者※に「開示」します。 (※利害関係者=株主、金融機関、取引先など会社の事業で関わる者) 決算書を作成し、利害関係者に開示することを「決算開示」といいますが、会社の規模や形態によって開示する内容や範囲が異なります。 特に、上場企業では、小規模会社・非上場企業に比べ、開示する内容や範囲が広いため […]

帳簿とは?主要簿・補助簿の基本を解説!個人事業主の方も必見!

会社のお金は帳簿によって記録されています。いつ・いくらで商品を売ったのか、またそのためにいくらのお金が必要だったのかなど、お金の面から会社で起こった取引のすべてを記録しているのが会計帳簿です。 今回は「そもそも帳簿とは何なのか?」「帳簿はなぜ必要なのか?」「また、個人事業主やフリーランスでも帳簿は付けなければならないのか?」など、わかっているようでわかっていない帳簿の基本的なことについてみていきま […]

請求書の電子化をする方法とは?上手にすすめるコツを教えます

今まで請求書といえば紙でやり取りをすることが一般的でした。しかし、テレワーク化やペーパレス化の流れを受け、電子データでやりとりをすることも増えてきています。 今回は請求書の電子化について解説していきます。請求書を電子化するとどのようなメリットがあるのでしょうか?また、電子化における注意点は?これから一緒にみていきましょう。 請求書の原本を電子化する方法 社内にある請求書は、取引先へ発行する請求書と […]

商標権の経理処理方法|資産計上の処理はどうする?

今回は、「商標権」の経理処理方法について解説します。 自社で商品やサービスを販売する際、その商品やサービスに付与する名称や目印(ロゴなど)を「商標」といいます。 この商標は、他人に勝手に使われてしまうと、自社の商品やサービスが他人のものと区別できず、ビジネスにも悪影響を及ぼしてしまいます。 そこで、商標を他人に勝手に使わせないようにする権利である「商標権」を取得し、自社の商品やサービスを他人のもの […]

消費税の経理処理|租税公課を使った勘定科目を解説!

租税公課は税金の支払や公共サービスの支払に対して利用する勘定科目です。この租税公課科目を消費税に対して利用するケースがあります。それは税込経理方式で消費税の決算処理、または納付を行うときです。 今回は「消費税の経理処理で租税公課勘定を利用するのはどのような場合なのか?」について詳しくみていきます。   消費税の経理処理で租税公課勘定を使うの? 消費税の経理処理で租税公課勘定を使うことはあ […]

消費税の仕訳|税込経理と税抜経理のメリット・デメリット?勘定科目も解説

消費税の経理処理には税抜経理方式と税込経理方式の2つがあります。このどちらを選んでも間違いではなく、どちらを選ぶかは会社の判断に任されています。 今回は税抜経理方式と税込経理方式の基本についてみていきます。それぞれどのような経理処理のことを指しているのかや仕訳の方法、メリット・デメリットまで解説していきます。   消費税の処理方法は2つ 消費税の処理は、税抜経理方式と税込経理方式の2つか […]

上場企業の決算担当者が持っておきたい5つのスキル

上場企業の決算作業って難しそう・・・ 上場企業の決算作業やるには、かなりのスキルが必要じゃないか? 経理に携わっている方で、キャリアアップを目指して、ゆくゆく上場企業の決算をやってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 そして、上場企業で決算やるにはどんなスキルが必要なんだろう?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、上場企業で決算をやるために持っておきたいスキルについ […]

損益分岐点とは?計算の仕方と改善の方法を解説します

損益分岐点とは、損失と利益の分岐点。「ここを下回ると赤字になる」ということを表している数値です。主に管理会計で利用される考え方です。 自社や事業にとっての損益分岐点がどこなのかを理解していると、経営改善や事業継続の判断に役立てることができます。 今回は損益分岐点とは何か、また損益分岐点の計算方法について具体例を交えながらみていきます。 損益分岐点とは何か? 損益分岐点とは、損失と利益の分岐点のこと […]

販売管理費とは?内訳や項目を具体的に解説します

販売管理費は、すべての会社で必要となる費用です。正式には「販売費及び一般管理費」と言います。 今回は販売管理費とは何なのかや販売管理費の内訳まで、販売管理費に関する基本的な事項についてみていきます。販管費率の計算方法や販管費の削減方法についてもあわせてお伝えしていきます。 販売管理費とは? 販売管理費は、正式には「販売費及び一般管理費」と言います。その略称として「販売管理費」、または「販管費」と呼 […]

節税効果アップ!iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

近年加入者が増加しているiDeCo。「老後資金2,000万円」問題もあり、老後資金に不安を抱く方が増えたことが増加の一因として考えられます。 iDeCoとは個人型確定拠出年金のこと。自ら選んだ金融資産に掛け金を拠出し、老後に向けて資産形成を行っていくための制度です。 今回はこのiDeCoについてみていきます。iDeCoのメリット・デメリットやiDeCoの節税効果について解説していきます。 iDeC […]

中小企業の強い味方|経営セーフティ共済とは?

経営セーフティ共済は正式名称を「中小企業倒産防止共済制度」と言います。中小企業の連鎖倒産を防ぐために、中小企業倒産防止共済法に基づいて作られた制度です。 経営セーフティ共済に加入すると、取引先が倒産したときに資金の借入を受けることができます。そうすることで、中小企業が連鎖的に倒産することを防げるようになっています。 今回はこの経営セーフティ共済についてみていきます。 経営セーフティ共済とは? 経営 […]

【個人事業主の節税対策】小規模企業共済のメリット・デメリット

個人事業主や小規模の企業を経営している方には節税対策として有名な「小規模企業共済」。今回は小規模企業共済の加入を今から検討したい方に向けて、小規模企業共済の基本的なことについてみていきます。 ・小規模企業共済とは何なのか? ・小規模企業共済のメリット、デメリット ・小規模企業共済の加入方法 小規模企業共済は毎月の掛け金を全額所得控除にすることができます。年間最大84万円の所得控除を利用できるため、 […]

個人事業主の節税対策|裏ワザ集!経費・税金・お得な控除は何?

「節税対策」は個人事業主共通の悩み。支払う義務があるとわかってはいても、できるだけ納税額は抑えていきたいものものですよね。今回は個人事業主の方が実践できる節税対策についてみていきましょう。 この記事では節税対策を「適切な経費計上」「控除の利用」の2つの観点からご紹介していきます。 経費をしっかり計上しよう 経費計上をしっかりと行うことは個人事業主の節税に繋がります。 確定申告では、1月1日から12 […]

個人事業主必読!家事按分できる経費、白色申告の条件となる割合とは

プライベートでも仕事でも使っているもの、個人事業主やフリーランスの方でしたら結構ありますよね。パソコンやスマホといった備品、自宅兼オフィスの家賃、光熱費に通信費など「これってどうやって経費にすればいいの?」「兼用だから経費にはできないの?」と考え込んでしまうこともしばしば。 そんなときに活用したい方法が「家事按分」です。家事按分を利用すると、プライベートと仕事どちらにも使っているもののお金を仕事用 […]

圧縮記帳の経理処理方法とは?上場企業の現役経理が解説します。

今回は、経理実務では頻繁には発生しないものの、重要な処理の1つである「圧縮記帳」について解説します。 企業では、国や地方自治体から補助金を受け取って建物や機械装置などの設備投資をする場合があります。 例えば、国や地方自治体が、企業にIT投資をしてもらうために補助金を出したり、農業を助けるために設備投資資金として補助金を出したりすることがあります。 この補助金は経理処理上、受け取ったときに収益として […]

電子インボイス推進協議会が採用した「Peppol(ペポル)」とは?

2023年10月1日からインボイス制度が開始されます。それに向け、電子インボイス推進協議会は電子インボイスの規格として国際規格である「Peppol(ペポル)」の日本標準仕様の策定を決定しました。 電子インボイス推進協議会とは何でしょうか?また、策定が決定したPeppolとは? 今回はこれらのことについてみていきます。 電子インボイス推進協議会とは 電子インボイス推進協議会は、会計ソフトベンダーを中 […]

【令和2年版・2021年提出】確定申告の提出期限・変更点まとめ

令和2年度・2021年提出の確定申告は新型コロナウイルス感染症の感染リスク低減のため、期限が1か月延長となりました。新しい期限は2021年4月15日です。 この記事では ・令和2年度の確定申告の提出期限 ・今年の確定申告会は入場整理券が必要に ・コロナ関連の給付金・助成金の課税・非課税の確認 ・令和2年確定申告の変更点(税制改正含む) についてみていきます。今年の確定申告について知りたい方・確定申 […]