企業価値|算定できる3つの方法とは?

企業価値は「その企業にいくらの価値があるのか」を表しています。一言に「企業価値」といっても、どのような方法でその企業の価値を算出するのかによって、その金額は大きく違ってしまいます。

本記事では企業価値とは何か、また企業価値を算定する3つの方法について解説します。

企業価値とは

企業価値とは「会社にどの程度の価値があるのか」を表す基準のこと。その会社にいくらの価値があるのかを具体的な金額で表します。

企業価値の算出方法

企業価値を簡単に測りたいときには「貸借対照表の貸方および借方」の金額から算出できます。端的に言ってしまえば、貸借対照表の額=企業価値です。

 

簡便的な企業価値は下記の方法で計算できます。

企業価値=株式価値+負債価値

 

株式価値・負債価値はそれぞれ貸借対照表の貸方(=負債+純資産合計)に表されます。

株式価値:貸借対照表の純資産の部(=株主に属する資産)

負債価値:貸借対照表の負債の部(=外部から借り入れた資金)

 

貸借対照表の純資産の部と負債の部を足すと、貸借対照表の貸方の合計額になります。貸借対照表は貸方と借方でバランスしていますので、貸方の額(純資産の部+負債の部)=借方の額(資産の部)といえます。

純資産の部+負債の部=資産の部

 

よって企業価値は貸借対照表の借方の額からも算出できます。

企業価値=株式価値+負債価値(貸借対照表の貸方)=資産の部(貸借対照表の借方)

企業価値はさまざまな観点から測る必要がある

上記の方法にて簡便的な会社の企業価値は算出できます。しかし、この方法で算出した企業価値にはその会社が将来的に稼げるであろう利益や株式市場における現時点でのその会社の価値などが考慮されていません。

そのため、M&Aでの買収額やその企業の価値を本質的に表す企業価値としては「企業価値=株式価値+負債価値」の算出方法は簡便的すぎると判断できます。会社の企業価値を正確に測るにはさまざまな観点を算出に加えるべきでしょう。

3つのアプローチ方法とそれぞれのメリット

企業価値を算出する方法にはコストアプローチ・マーケットアプローチ・インカムアプローチの3つの方法があります。ここではそれぞれどのような方法なのか、またそのメリットについてみていきましょう。

1. コストアプローチ

会社の純資産を元に企業価値を求める方法です。コストアプローチには2つの計算方法があります。

 

【簿価純資産価額法】

企業価値=純資産(簿価)+負債価値(簿価)

簿価純資産価額法とは、貸借対照表に記載された純資産と負債の「簿価」を元に企業価値を算出する方法です。貸借対照表の金額をそのまま利用するため、簡単に計算できます。

 

【時価純資産価額法】

企業価値=純資産(時価)+負債価値(時価)

時価純資産価額法とは、純資産と負債をその時点の時価に置き換えて企業価値を算出する方法です。

 

コストアプローチはどちらも貸借対照表の数値を使用するため、計算が簡単というメリットがあります。

その一方で、将来的に得ることができる利益や貸借対照表に載っていない企業の価値を計算に含められないという点がデメリットです。

2. マーケットアプローチ

マーケットアプローチとは類似企業の株式市場での価値を利用して企業価値を測る方法です。市場では毎日機関や投資家という第三者によって企業の評価が行われています。そのため、市場価値(株価)は客観的な企業価値を測るのに適しています。M&Aの際によく利用される算定方法です。

 

【市場株価法】

市場株価法とは、その名の通り市場の株価を企業価値として扱う方法です。評価基準日前日の終値や一定期間における株価の平均値を利用します。株価に乱高下がみられる際には、出来高によって加重平均を行うこともあります。

 

【類似会社比較法】

類似会社比較法とは、上場している企業の中から業種や規模、収益、キャッシュフローなどが似ている企業を探し、その企業の株価を元に企業価値を測る方法です。

 

マーケットアプローチは株価をもとに企業価値を算出するため、客観的にその企業価値が測れ、また算出に必要なデータの取得が容易であるという点がメリットです。

その反面、類似する企業をみつけるのが困難である、何をもって類似企業とするのか判断が難しいといったデメリットがあります。

3. インカムアプローチ

インカムアプローチとは、企業が将来的に得るであろう利益やキャッシュフローから企業価値を算定する方法です。インカムアプローチにはDCF法・収益還元法・配当還元法の3つの種類があります。

【DCF法】

DCF法のDCFとは「Discount Cash Flow」の略称です。将来的なフリーキャッシュフローを現在値に計算し直して(=ディスカウントして)企業価値を算定します。将来的なフリーキャッシュフローの見込額によって企業価値が大きく変わってしまう計算方法といえるでしょう。

 

【収益還元法】

収益還元法とは、その企業が将来的に得ることができる収益を現在の価値に還元して企業価値を求める方法です。

収益還元法は安定的に一定額の収益を稼ぎ続けるビジネススタイルの企業の価値を測るのに向いています。一方、ベンチャー企業のように収益の変動が激しい企業の企業価値を測るのには向いていません。

 

【配当還元法】

配当還元法とは、将来的に株主に支払う配当額を元にして企業価値を計算する方法のこと。予測の配当額を利率で割戻して企業価値を算出します。企業の配当政策が金額に影響を与えるため、配当政策が変動しにくい企業の企業価値算定に向いています。

 

インカムアプローチのメリットは企業の「将来性」を企業価値に組み込めるということです。一方でそのメリットはデメリットに直結しており「将来性」は不確実なものであるため、企業価値も不確実にならざるを得ないというデメリットがあります。

まとめ

企業価値は「会社にどの程度の価値があるのか」を表しています。企業価値を簡単に出すには貸借対照表の借方または貸方の金額を利用します。

より厳密に企業価値を測りたいときには

  • コストアプローチ
  • マーケットアプローチ
  • インカムアプローチ

の3つの算定方法を利用しましょう。

どの算定方法にもメリット・デメリットがあります。企業価値を算定する際には、その企業を評価するにはどの算定基準を利用するのが適切かをよく考慮した上で算定を行うようにしましょう。

請求書の受け取りはsweeepで自動化

【AI請求書処理】従来の請求書OCRでは対応できない非定型帳票や

自動会計仕訳も、sweeepなら対応可能!最短で即日導入、

面倒な設定不要。手軽に導入して請求業務を効率化。