【決定版】フリーランスなら知っておくべき源泉徴収の基礎知識!

フリーランスになったからには知っておきたい税金ー源泉所得税。源泉所得税は、デザイナーやライター、カメラマンといったフリーランスの多い職種に深くかかわりのある税金です。

請求書を発行する際、取引先から「源泉徴収を行います」「源泉所得税を記載してください」こう言われた経験のある方も多いのではないでしょうか?

今回は請求書を作る前に知っておきたい、源泉徴収の基礎知識についてみていきましょう。

源泉徴収とは?

源泉徴収とは、報酬の支払者が報酬の受け取り者に代わって国に税金を納める制度のこと。

会社員の方は給料から税金が天引きされ、この税金を本人に代わって会社が国に納めています。そうすることで、国は効率的に税金を確保することができるのです。

フリーランスにもこの制度は適用されます。フリーランスの場合、次章でみていく「報酬」に該当する料金を受け取る仕事をした場合、受け取るはずの料金から所得税が源泉徴収されます。

源泉徴収が必要な報酬とは

源泉徴収が必要な「報酬」とはこのような仕事になっています。

【個人の場合】

  • 原稿料や講演料など
  • 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金
  • 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
  • プロ野球選手、プロサッカーの選手、プロテニスの選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金
  • 映画、演劇その他芸能(音楽、舞踊、漫才等)、テレビジョン放送等の出演等の報酬・料金や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金
  • ホテル、旅館などで行われる宴会等において、客に対して接待等を行うことを業務とするいわゆるバンケットホステス・コンパニオンやバー、キャバレーなどに勤めるホステスなどに支払う報酬・料金
  • プロ野球選手の契約金など、役務の提供を約することにより一時に支払う契約金
  • 広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金

【法人の場合】

  • 馬主である法人に支払う競馬の賞金

参考:国税庁|No.2792 源泉徴収が必要な報酬・料金等とは

源泉徴収が行われるフリーランスの職種

上記をフリーランスの職種に置き換えると、主にこのような職種が該当します。

ライター
カメラマン
デザイナー
イラストレーター
翻訳家

上記職種に該当する仕事をした場合、実際にフリーランスの方が受け取る金額は源泉徴収が差し引かれた後の額となります。

逆を言えば、これらの職種に該当しない場合は源泉徴収が行われません。その分は後日確定申告で自ら納税することになります。

源泉所得税の計算方法

源泉所得税の税率はこのようになっています。

支払金額100万円以下の場合:支払金額×10.21%
支払金額100万円超の場合 :(支払金額-100万円)×20.42%+102,100円
※0.21%は復興特別所得税分

【例:10万円の報酬の場合】
報酬が10万円の場合、10,210円が源泉所得税となります。
計算式:100,000円×10.21%=10,210円

10,210円は支払者がフリーランスに支払う報酬額から天引きをして預かってくれます。つまり、フリーランスの方に実際に振り込まれる金額は報酬の10万円から10,210円減額された額となります。

源泉所得税を預かった支払者は、預かった月の翌月10日までに納付をしなければなりません。納付期限を過ぎると延滞税が発生します。

参考:国税庁|No.2795 原稿料や講演料等を支払ったとき

税込か税抜、どちらに10.21%掛けるの?

源泉所得税は税込と税抜、どちらの報酬額に対して税率を掛けるのでしょうか?その答えは「どちらでも間違いではない」となります。

原則として、源泉所得税は「消費税込み」の報酬に対して行われます。しかし、請求書等で明確に消費税額と報酬額が分けて記載されている場合は、消費税抜きの報酬額に源泉所得税率を掛けて計算することもできます。そのため、どちらでも間違いではないのです。

参考:国税庁|No.2795 原稿料や講演料等を支払ったとき
No.6929 消費税等と源泉所得税及び復興特別所得税

確定申告時の注意点

確定申告の際、その1年間で徴収された源泉所得税額を申告するのを忘れないようにしましょう。

源泉徴収された所得税は、支払元の会社からすでに国へと納税が行われています。もし確定申告で源泉徴収された所得税額があることを申告し忘れてしまうと、その額も納税対象額として含まれてしまいます。

そうならないためにも、日々の仕訳や売上管理は重要です。いつ・どこの会社に・いくら源泉徴収をされたのかしっかりと記録を付けておくようにしましょう。

会社によっては、年末年始付近に源泉徴収票を発行してくれます。もし届いた際にはなくさずに保存しておくようにしましょう。(個人に対する発行は法的に義務付けられていないため、発行されない場合もあります)

まとめ

源泉徴収とは、所得税等税金を会社が本人に代わって国に納めてくれる制度。

ライターやイラストレーターといったフリーランスの報酬の支払い時には、所得税と復興特別所得税を源泉徴収することが義務付けられています。そのため、会社はその額を差し引いた金額をフリーランスへ支払い、預かった源泉所得税を国に納付します。

この税金は、遅かれ早かれいずれ支払うことになる税金です。もし源泉徴収を忘れられていた場合は、確定申告の際に本人が申告をしそこで納税をすることになります。年間を通してみると税金の支払額に変化はないため、「源泉徴収されて損をした」ということにはなりません。

確定申告で源泉徴収された額を申告すると、その税金の支払いはすでに済んでいるとみなされます。もちろんその税金額を再び納める必要はありません。源泉徴収とはこのような仕組みになっています。

請求書の受け取りはsweeepで自動化

【AI請求書処理】従来の請求書OCRでは対応できない非定型帳票や

自動会計仕訳も、sweeepなら対応可能!最短で即日導入、

面倒な設定不要。手軽に導入して請求業務を効率化。