「RPA DIGITAL WORLD 2018」にて sweeep 村山毅、登壇してきました!

2018年11月22日(木)、ヒルトン東京お台場で、RPA BANK(株式会社セグメント)主催の国内最大級RPAイベント「RPA DIGITAL WORLD 2018~Digital Robot Camp in お台場~」が開催されました。

このイベントで、請求書読取AI「sweeep」代表村山毅(オートメーション株式会社)も登壇。約300名の方にご参加いただき、「sweeep」サービス紹介に関するトークに耳を傾けて頂きました。

オートメーションラボ株式会社 代表 村山毅

登壇したのは、デモ&セッションルームCで行われた、「RPA勉強&LT会!RPALT 拡大版(RPA Community)」(16:10〜18:00)。会場の席も埋め尽くされ、多くの熱気に包まれました。

LTでは、RPAと請求書AI-OCRを組み合わせた経理ロボットを紹介。非定型フォーマットの請求書を読み取り仕訳変換して会計システムに連携する一連の動きをデモしました。

セミナー後にはたくさんの問い合わせをいただくことができ、請求書処理の自動化に対する関心の高さがうかがえました。

「RPA DIGITAL WORLD 2018」の会場は、ヒルトン東京お台場1F全面フロア貸し切り。どのフロアも多くの参加者で賑わいを見せており、RPAに関心を持っている企業がいかに多いかを目の当たりにした1日に。

イベントのアンケート回答をすると先着3000名で「RPA BANK」の人気コンテンツ「さるでき流 RPAのはじめかた」の書籍(初版)のプレゼントもあり、sweeep(広報担当者)も早速いただいてきました!

「さるでき流 RPAのはじめかた」とイベント冊子

このようなイベントをきっかけに、請求書読取AI「sweeep」についても皆さまに、知っていただける機会になりましたら幸いです。

請求書読取AI「sweeep」サービス紹介

 

請求書の受け取りはsweeepで自動化

【AI請求書処理】従来の請求書OCRでは対応できない非定型帳票や

自動会計仕訳も、sweeepなら対応可能!最短で即日導入、

面倒な設定不要。手軽に導入して請求業務を効率化。