RPA導入事例まとめ7例【インフラ・物流業界編】

RPA導入事例まとめ【インフラ・物流業界編】

遠州鉄道、グループ各社でRPAを活用し業務を自動化。月約570時間の業務時間削減を達成

静岡県浜松市を中心に事業展開をする、遠鉄グループの中核、遠州鉄道株式会社(以下、遠州鉄道)は、定例業務をソフトウェアロボットで自動化するRPAソリューションを新たに導入し、業務の効率化を図っています。

RPA導入の背景には、同社では、中期経営計画の重点政策に「新たなIT技術による仕組みの構築」を策定、その実現に向け、業務効率を改善する新たなソリューションの導入が求められていたことがあります。

実際の取り組みとして、貸切バスの移動距離・所要時間の検索作業や不動産賃貸物件の情報の検索、ダイヤ改正のための乗降情報収集作業などを自動化し、遠鉄グループ全体で活用を進めています。導入したRPAツールは、SynchRoidです。

導入効果としては、月約570時間の業務時間削減に成功、すでに106個のソフトウェアロボットを開発しています。また、習得した開発スキルは社内で横展開し、人材育成を行っています。

参照元『ソフトバンク

東北電力、送配電部門の法的分離に向け、定型作業を自動化。年間2万1400時間の労働時間削減、4万時間まで拡大の見通し

東北電力は、2018年度から全社でRPAを導入、2020年の送配電部門の法的分離に向け、定型的な事務処理を自動化することで、競争力の強化を図っています。

RPA導入に先駆け、17年秋から、全社の間接業務を集約したビジネスサポート本部内で、人事・総務・経理・資材の19業務において試行を実施。社内連絡会を設置し、各部署の担当者を集めて説明会や対象業務を検討するなど、RPAの導入拡大に取り組んできました。

現在は、労働時間の集計や会計伝票の発行、資材の発注などの170業務でロボットが稼働しています。また、顧客から過去の電気料金を照会された際に、台帳からデータを抽出したり、コールセンターへの入電件数を集計して入電予測に活用したりするなど、間接業務以外への適用も進んでいます。導入したRPAツールは、NTTデータのWinActorです。

導入の効果としては、19年8月時点で前年比2倍以上の年間2万1400時間の労働時間を削減、さらに対象業務を抽出した結果、約4万時間まで拡大できる見通しです。

参照元『ニュースイッチ

東京ガス、中央集権型のRPA活用で業務効率化。本部内全体で年間約2万時間の業務時間削減

東京ガス・エネルギーソリューション本部(以下、エネ本部)では、営業におけるフロント業務から、バックオフィス業務まで、幅広くRPAを活用しています。

東京ガスでは、2017年10月に中期経営計画「GPS2020」を策定、その計画達成の礎として、エネ本部内のIT・業務改革本部においても、ソリューションを模索しており、そこで注目したのがRPAでした。

まず、2017年・夏にトライアルを開始。その結果を踏まえて、現在では、実績集計業務、システムからの毎月ガス使用量取得、様々なExcelファイルの集約、余日管理など、80ほどの業務でロボットが稼働しています。
導入したしたRPAツールは、『WinActorR』です。取り組みの特徴としては、中央集権型のRPA活用を推進していることです。エネ本部内のIT・業務改革本部にRPA事務局を置き、そこで全ての仕様書作成、開発、運用を実施しています。

導入の成果としては、特に効果の大きい業務のひとつが、ガス機器点検の見積作成業務で、年間180時間ほどの業務削減効果を見込んでいます。
これまで実現した、80件ほどのRPA化で、本部内全体で年間2万時間近くの業務削減を達成しています。また、業務が効率化されたことで、より付加価値の高い業務に専念できるようになった、業務手順をRPA化で統一できた、といった効果も表れている、としています。

参照元『RPAホワイトカラー革命(日経ムック)』

JR東日本、RPAを活用し、列車遅延情報をTwitterで自動配信。タイムリーな作業を完全自動化

株式会社JR東日本ネットステーション(以下、東日本ネット)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下JR東日本)の新幹線、特急列車等の運行情報を、RPAを活用して、Twitterで自動配信する仕組みを構築したことを発表しました。同社は、JR東日本の関連会社で、Webサイトの企画・制作・運用を主な事業としています。

JR東日本の「より多くの利用客に、列車の運行情報を正確かつタイムリーに提供する」という課題に対し、東日本ネットは、Twitterでの情報提供を検討していました。同社は、「いつ発生するか分からない」列車遅延情報の適切なTwitter配信方法を模索、その結果、より短納期かつコスト効率の良い仕組みづくりを目指し、RPAの導入に至りました。

JR東日本は2018年12月27日よりこのシステムの運用を開始。列車遅延等の情報が配信されてから、数分後にはJR東日本の公式Twitterに自動投稿され、より多くの利用客に、タイムリーな運行情報を伝えることが可能となりました。
RPAツールは、ブレインパッドの「ブレインロボ(BrainRobo)」を利用しています。

RPAを活用したJR東日本列車運行情報のTwitter配信は、今後、その他の路線にも提供範囲を拡大していく予定、とのことです。

参照元『ブレインパッド

ECLエージェンシー、RPA導入により、長時間労働の是正と月間約2000万円の業務コスト削減に成功

中古車のターミナル運営や輸出貨物の船積を中心に事業展開する、ECLエージェンシー株式会社(以下、ECL)は、RPAを導入して効率化を実施、成果を得ています。同社がRPAを導入した背景には、輸出に伴う大量のドキュメント作成業務の効率化、という課題の解決がありました。

自動化の対象となった業務は、船積指示書(S/I:Shipping Instruction)に記載された情報を、船積指図書(S/O:Shipping Order)と呼ばれる伝票に転記し、船会社へ提示する、という一連の業務です。導入した>RPAツールは、UiPathです。

導入効果としては、作業時間が60時間/月から15時間/月となり、75%の短縮、通関コストは2200円/1台から1230円/1台に削減され、月間約2000万円の業務コストの削減、となりました。また、自動化で、ロボットが一定のルールで処理を行うようになったため、品質向上、及びチェック工数の削減ができたことも大きな効果となっています。

同社は今後の展望として、自動化対象業務の幅を広げていくことで、更なるコスト削減、業務効率化を推進する、とし、今回のS/O入力業務に留まらず、自動化の範囲を広げていき、1台あたりの通関コストを800円程度へ削減することを目指して、取り組んでいきたい、としています。

参照元『PR TIMES

学研ロジスティクスがリモート運用サービスを採用、人件費削減と生産性向上を実現

学研ロジスティクス (以下、GLG)は、2017年から、主に夜間の倉庫業務のコスト削減を目的に、外部委託による、リモート運用サービスを採用しています。

GLGでは、2007年、業務効率化にあたってWMS(倉庫管理システム)を導入しましたが、営業時間外に入ってくる出荷オーダーに対しても迅速な対応を取れるよう、夜間スタッフ2名を配し、24時間体制を敷いていました。
この夜間人員体制の見直しが、ひとつの課題とされていたのですが、夜間業務に欠かせない、作業習熟度との兼ね合いもあり、ジレンマとなっていました。リモート運用サービス導入の背景には、この問題の解決があります。

採用されたサービスは、CTCシステムマネジメントのリモート運用サービスです。同サービスは、システムの監視・障害対応などのオペレーションや、インシデント管理・ドキュメント管理などのシステム運用を、CTCSがネットワーク経由で24時間365日代行するサービスです。

導入効果としては、約30%の人件費の抑制に成功し、また、夜間専任だったスタッフを別業務へ割り振り、労働力の有効化も実現しています。

参照元『マイナビニュース

ニチレイロジ、業務革新運動をグループで展開。RPA導入で1万時間の業務時間削減、さらに18万時間削減も視野

ニチレイロジグループは、18年3月から各拠点でRPAを取り入れ、業務の効率化を図っています。同グループ本社では、深刻な人手不足の状況下でも、低温物流ネットワークを維持・発展させていくため、グループを挙げて、業務革新運動を展開していますが、その施策の一環として、RPAを導入しています。

導入の取り組みとしては、例えばOCRの活用があります。従来は、ファクスで届いたオーダーをパソコンに手入力していましたが、この業務に、光学式文字読み取り装置(OCR)を活用し、手書き文字を自動的に読み取り、デジタルデータ化できるよう変更する、などの効率化を行っています。

この種の効率化の積み重ねの成果として、累計の業務短縮時間が1万時間まで積み上がってきました。各地の拠点の中には1カ月当たりの残業時間が前年の半分まで減ったところも出てきています。2019年度は、RPAをさらに活用し、各センターが共通で業務に取り組むことで、累計18万時間の業務削減を目標に掲げています。

参照元『LOGI-BIZ online ロジスティクス

各社のRPA導入事例や取り組みを紹介

2019.09.27

sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。