PDCAサイクル

PDCAサイクルとは、行動プロセスの管理手法のひとつで、品質管理や生産管理等、企業活動において、業務を継続的に改善していくためのマネジメントツールです。
Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Act(対策・改善)の4段階を1サイクルとして、これを継続的に繰り返していくことで、業務の質の向上を図ります。
名称は、サイクルを構成する4段階の頭文字に由来します。アメリカの統計学者エドワーズ・デミングらによって提唱された考え方です。

PDCAサイクルの各プロセスにおける一般的な内容は次の通りです。

1・Plan(計画)では、従来の実績や将来の業績予測などをもとにして目標を設定し、それを達成するための業務計画を作成します。

2・Do(実行)では、策定した計画案に沿って、業務を実行に移します。

3・Check(測定・評価)では、計画通りに業務が実施されているかどうかを検証・評価します。もし計画通りに実行できていなかった場合は、計画目標と業務の実行結果との隔たりを測定・確認し、なぜ計画通りに実行できなかったのか、要因分析をしっかりと行います。

4・Act(対策・改善)では、検証結果を受け、問題点を検討して、今後の対策や、また必要に応じて、当初計画や実行プロセスの見直し・改善を行います。ここで大事なことは、次のサイクルを見据えた改善・見直しを行うことです。

このようにPDCAサイクルは、継続的にサイクルを繰り返していくことで、問題点を改善しながら次のサイクルに成果を反映させ、、業務の質を向上させる、ということが期待されています。

PDCAサイクルの手法は、品質管理や生産管理のみならず、経営管理、資材、営業などの業務改善、企業におけるリスク管理、環境や労働安全衛生のマネジメントなどにも幅広く利用され、また、公共事業や行政の管理、電子行政やセキュリティ対策にも積極的に導入されています。
PDCAサイクルの考え方は、製造業の品質維持や改善のための方式として高く評価されており、品質管理の国際基準であるISO 9000や、環境に関するISO 14000の認証審査では、PDCAサイクルを取り入れた経営が行なわれているかどうかが、大きな判断基準のひとつとなっています。


sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。