パラメータ【RPA用語】

RPA用語

パラメータとは、変数値、媒介変数、母数、引数、などを指す言葉です。数学や統計学で用いられる用語ですが、ビジネス用語としては主にコンピュータ・プログラムなどのITの分野で使用されています。

IT分野では、ソフトウェアやシステムの動作・処理結果に影響を与える、外部から投入されるデータなどのことをパラメータと表現することが多いです。プログラミングでは引数と呼ばれることもあります。

URLパラメータと呼ばれるものがありますが、これは、サーバー側に情報を送るために、URLの後ろに付加する変数のことです。
URLの末尾に「?(クエスチョンマーク)」を付けて、「パラメータ(変数)=パラメータの値」という形式をとります。複数のパラメータを指定する場合は、「&(アンパサンド)」で区切って、末尾に付け足していきます。

URLパラメータは、大きくパッシブパラメータとアクティブパラメータに分けられます。
パッシブパラメータは、主にアクセス解析ツールでトラッキングに用いられ、ネットユーザーのアクセス経路などの情報収集に利用されます。
パッシブパラメータは、付いていても、付いていなくても、表示するページ(コンテンツ)の内容が変わることはありません。
アクティブパラメータは、パラメータが付いていると、指定したパラメータの値によって、表示するページ(コンテンツ)の内容が変化します。主にECサイトで利用されています。

ゲームソフトにおいて、キャラクターの能力など表す数値のこともパラメータ(ステータス)と呼びますよね。


sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。