PaaS(パース)【RPA用語】

RPA用語

PaaSとは、Platform as A Service、の略称で、「サービスとしてのプラットフォーム」という意味です。
アプリケーションソフトを稼働させるためのプラットフォームを、インターネット経由で提供するサービスの形態を指します。クラウド・コンピューティングのひとつです。パースと読みます。

プラットフォームとは、OSや、データベース管理システム・Webサーバー・アプリケーションサーバー等のミドルウェア、及び、プログラミング言語やストレージといった、システム開発の基盤となる、環境やツールのことです。

PaaSを利用すれば、アプリケーションの開発に必要となる基盤・環境を一括して提供してくれるため、これらを自社で整える必要がなくなります。料金も多くが従量課金制で、必要なリソースを使った分だけ料金を支払う形式です。だから、利用者は、手間やコス
トを抑えてシステム開発を行うことができます。
また、開発・実行環境はプロバイダー側から提供されるものを利用し、通常、管理もプロバイダー側が担当するので、ユーザーは、プラットォーム環境のメンテナンスにかかるコストも削減することができます。

デメリットとしては、アプリケーションの開発・実行環境は、利用しているPaaSが提供しているもの限られるため、その分、開発の自由度が制限されます。

現在、提供されている代表的なPaaSのサービスとしては、Google App EngineやMicrosoft Azure、Herokuなどがあります。

→「SaaS」「PaaS」「IaaS」の違いについて


sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。