IoT(Internet of Things)【RPA用語】

RPA用語

IoTとは、Internet of Thingsの略称で、「モノのインターネット」と訳されています。
コンピュータやスマートフォンといった通信機器のみならず、建物、自動車、家電、医療用機械等々の様々なモノがインターネットを介し、相互に情報をやり取りすることで、認識や制御、遠隔操作などを行っていく仕組みです。1999年にケビン・アシュトンにより提唱されました。

IoTの主な活用事例としては、データの収集・分析による、モニタリングや予防・予知、業務の効率化、また遠隔制御などが挙げられます。
具体的には、自動運転や渋滞情報等の自動車の分野、農業における水管理、漁業における養殖管理、製造業の生産設備自動点検、ビルの空調システムの管理、また医療や物流の分野にも取り入れられています。
身近なところでは、インターネット接続のテレビやカメラ、レコーダー、スマートスピーカー、食材管理のアシストをしてくれる冷蔵庫などがありますね。

将来的にはIoTはさらに広がりをみせ、家電やエネルギー、医療・介護、自動車運転など、我々の生活に身近な、あらゆるモノがネットワークに接続される社会が到来するでしょう。
一説によると、2020年には300億~500億もの多種多様なモノがインターネットに接続されるとする予測もあるようです。

IoTは、あらゆるモノをネットを介して結びつけます。それは、リソースを適切に配分し、社会を快適にしてくれますし、これまで難しかったデータの取得や蓄積も可能にします。
そしてそれにより、企業は、新しい価値やより高い価値を生みだしたり、また、生産性や品質を向上させることを期待されています。


sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。