技術力分析

技術力分析とは、自社の保有する技術力を分析し、市場において優位性のある技術、及び同技術の自社にとっての位置づけやウェイトを検討・評価したうえで、研究開発資金や経営資源の効果的な配分・投資を図る手法のことです。

企業の研究開発資金には限りがあります。その有限な資金を、いろいろな分野に分散させてしまっては、なかなか経営効率は上がりません。
企業は、自社の核となる事業に関しては高い技術や優れたノウハウを有しています。資金を分散させるのではなく、自社の核となる得意な技術に研究開発資金を集中的に投資することで、より品質の高い商品やサービスを開発し、提供することができます。

技術力分析によって、市場優位性の高い自社の技術を洗い出し、その技術の自社内での重要度をしっかりと分析・評価したうえで、同技術に研究開発資金や経営リソースを有効に配分します。そうすることで、効率的な経営、独自の事業展開が可能となるのです。

経済が長期低迷した平成の時代、自社の技術力を分析し、得意分野の技術に経営資源を集中させ、経営改革を成功させたり、あるいは業績をⅤ字回復させたりした企業が各業界に見られました。
その一方で経営資源を傾注させるべき技術の選択を誤ったせいで、業績不振に陥り、高い技術力を持ちながら、結局外資に買収されてしまった企業もありました。

技術力分析にする際に最も大事な点は、伝統や過去の成功体験、昔の栄光にとらわれずに、現在の市場と照らし合わせて、常に客観的でクールな視点で自社の技術を分析することです。
経済がグローバル化した現在、数量的、物量的な速さや大きさを競う技術は、比較的、参入が容易であり、競争が激しくなるので、優位を保つのも難しいかもしれません。
技術力分析の際には、同業他社に容易に模倣・追随を許さない、市場優位性を継続的に保ち得る技術、という視点が欠かせないところです。


sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。