【経理会計Excel】条件付き書式で目標達成状況を視覚的にわかりやすくする方法

目標や実績を表で管理するシーンはよくある事ですが、達成・未達成をセルの色が変わる条件付き書式を適用すると瞬時に判断できます。

完成図

売り上げ目標200万円を達成した支店名に自動で色を付ける。
完成図

作成工程

①セルA4を選択し、リボンのスタイルタブから条件付き書式をクリックし、新しいルールをクリックする。

条件付き書式の使用方法1

②新しい書式ルールの「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリック。

条件付き書式の使用方法2

③数式バーに「=B4<=C4」と入力し、書式ボタンをクリック。
※数式の説明:B4の売上目標に対し、C4の売上実績が大きい(<)または等しい(=)場合。

条件付き書式の使用方法3

④セルの書式設定ボックスが表示されたら「塗りつぶし」タブをクリック→背景色を黄色にします。
※背景色はお好みの色を選択してください。一番下にサンプル色が表示されます。

条件付き書式の使用方法4

⑤「OK」ボタンをクリック。この段階では「A支店」のセルに変化はありません。
※売上実績が目標を下回っているのでまだ色の変化はありません。

条件付き書式の使用方法5

⑥オートフィルを使用し、条件付き書式をセルA7までコピーしましょう。
A列の支店名が全てA支店に変わってしまいましたが、焦らずに!大丈夫です。

条件付き書式の使用方法6

⑦オートフィルオプションのマークをクリックし、書式のみコピーをクリック。

条件付き書式の使用方法7

⑧支店名が元通りになり、条件付き書式だけが適用され達成した支店名が黄色に変化しました。

条件付き書式の使用方法8
まとめ
今回紹介した条件付き書式はセルの色が自動で変わり強調され、直ぐ目に入りやすく判断しやすいツールです。毎週、毎月集計する場合はあらかじめ表のコピーを作成しておき、入力するだけの状態にしておくと便利です。A列の支店名が増えた場合はオートフィルでコピーしましょう。
その際、「書式のみコピー」をお忘れなく。
また、今回はセルの塗りつぶし設定をしましたが、フォントの色を変えるなどの設定もできます。

Excelに関する最新ニュース・情報20件

2019.12.13

sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。