3C分析(スリーシーぶんせき、さんシーぶんせき)

3C分析とは、企業のマーケティングや経営戦略の立案において、顧客、競合、自社、の観点から市場環境を分析し、自社の事業がどのような経営環境に置かれているのか、を理解して、経営上の課題の発見や戦略の立案に活用するためのフレームワークです。
3Cとは、Customer=市場・顧客、Competitor=競合、Company=自社、の三つの言葉の頭文字をとったものです。

それぞれの分析のポイントは次の通りです。

Customer=市場・顧客については、市場の規模やニーズの推移、その成長性、顧客の購買行動、購買能力、顧客ニーズ、ターゲットとなる顧客層、などを分析し、市場や顧客の有望性や潜在能力を考察します。

Competitor=競合については、競合市場における競争相手の数や規模、シェア、競争相手の生産・販売・財務・技術などの長所・短所、競合する製品やサービスの特徴、などを分析し、競合企業が、どのような結果を出しているのか、市場や顧客のニーズの変化にどのように対応しているか、を考察します。

Company=自社については、自社の商品やサービスの特性、技術力・営業力・人材や財務体質等の経営資源や売上高・利益率、市場におけるシェア、認知率や企業イメージ、などを分析し、市場・顧客分析と競合分析の結果と併せて、自社が市場で成功するための方策を考察します。

市場分析には多くの要素が必要となりますが、3C分析を用いることで分析のポイントを絞ることができます。自社の強み・弱み、競合他社の強み・弱み、他社と差別化できるポイント、などを効率的に見極めることが可能になります。主にマーケティングの分野で利用されていた手法ですが、現在では有効な経営分析ツールとして広く用いられています。


sweeep|請求書AI-OCR

請求書の会計処理を自動化します
請求書AI-OCR「sweeep」

面倒な請求書の会計処理をAIで自動化。100枚をたった3分で処理できます。月末に貯まった請求書を一掃しましょう。